Blog People

Blog powered by Typepad
フォトアルバム

ワークプレイス創り

« 仕事が染みる | メイン | 現場から学ぶ »

コメント

島崎丈太

現実は「呆れるほど多くの要素」というのが肝ですね。 

今日、世界で1,800万台のPCに感染したウィルス「Sassar」の作者として、独逸の18歳が逮捕されたそうです。 これはある意味でPCのソフト(=Windows)のモジュール化された技術を学び、須田さんが書いているように、モジュールの組み合わせのロジックだけで凄い物(この場合は世界を席捲するような凄まじいもの)が出来てしまうという好例かと。 Windowsの世界では、確かに不透明性を迂回出来て、ある意味では論理だけで押し通してしまえるんですね。

F2Fが世界最高のコミュニケーションであることと同様、現実世界は、それを抽象化して骨組みだけ抽出したような電脳世界とは複雑さの度合いが桁違いであり、その中で長くのたくっている我々は、若手のファシリティ関係者には負けない筈だ、と思いたいんですけれど、どうかな?

Fujiko Suda

うーん、若手のファシリティ関係者に負けない・・・。人の考えをを意識的に読む能力というのは、一般的に考えると若手よりは私達の方が勝っているのかなぁ。仕事ではお互いが必要だから、どちらが勝っているとか考えないようにしていますが。

この記事へのコメントは終了しました。