Blog People

Blog powered by Typepad
フォトアルバム

ワークプレイス創り

« KNN Night ソーシャル・ネットワーク・ビジネス・セミナー | メイン | 仕事の環境 »

コメント

Isao

このエントリーを読みながら、ご自身を解き放つ爽快感と、人生を肯定する力強さの両方を感じて、とても眩しいです。僕自身を振り返っても、もっと真剣になろう(真面目とは少し違って)と率直に思えてきました。また楽しく読みますね!
中学生の作文みたいだけど;-)

Fujiko Suda

Isaoさん、いらっしゃいませ。コメント有難うございました!嬉しいです。言っていることと、やっていることをマッチングさせるのは難しいです。やっているから言葉にする、というふうになりたい・・・。

Fujiko Suda

Isaoさんのコメントに眩しいとありましたが、実は最初は読めなかった・・・。今辞書で調べてびっくりー!What! Dazzling??? Nooooo. おろおろしました。でもそんなふうに読めてしまうように書くほうが悪いですね。もっと、こう楽しく、笑いがあるように書きたいんですが。

Isao

そのコメントで笑いました。
以前、真面目に日本語の使い方を間違えることでかえって皆の場が和む、というSudaさんのエントリーがあったのでそれを思い出しました。
眩しい、と書いたのは多分にその時の私の精神状態も関係しているのでは(少し確信が持てなくなっていたのでいろいろなものに引け目を感じてしまう)。。ああ、また笑えない。。

Fujiko Suda

IsaoさんのBlogを読んでいると、自然に笑える文章が組み込まれていると思います。多分自然でいる時が、一番面白いような気がする。面白くしようとしても中々面白くできない。だから私は自分のスタイルが好きになれていません。笑いをとりたい。でもだからといって笑える文章が書けない。Isaoさんに笑って頂いたコメントのように、自然にボケていると笑ってもらえるんですね。

この記事へのコメントは終了しました。